エラーを出さない商業印刷物のデータ制作時のルール(文字化け)について解説!!

エラーをおこさないための印刷データ制作講座

印刷会社やネットサービスなどを利用して印刷する場合は、いくつかデータ制作時のルールがあります。ルールに沿わないデータを入稿すると、印刷エラーを引き起こす原因になりますので、正しい知識をマスターすることが大切です。ここではもっとも使用されている「アドビイラストレーター」を使って制作する際のルール、文字化け対策をピックアップ! ツールの使い方からデータの確認方法について解説します。

印刷トラブルが一番多いのは文字

パソコンには最初から入っている「小塚ゴシック、明朝」や「MSゴシック、明朝」、後から購入してパソコンにインストールできる「モリサワ」や「フォントワークス」や「ダイナフォント」など、様々なデザインのフォントがあります。印刷物を制作する際、入力した文字はこれらのフォントを選択しながらデザインしていきますが、そのままだと出力先のパソコン(印刷会社や印刷通販サービスのパソコン)にも同じフォントがインストールされていないと文字化けが起こります(※文字化けとは文字のデザインを無視して、強制的に斜体の明朝体で印刷されること)

これを回避するために、アドビイラストレーターでは「書式>アウトラインを作成」という機能を使って文字を図形化することで文字化けを防ぐことができます。この機能はすでに知っている方も多いと思いますので、そういう方は復習というところで少しお付き合いください。


文字を選択した状態で「アウトラインを作成」を選択、実行すると、文字が文字の形をした図形となりますので、出力先のパソコンに同じフォントがインストールされていなくても、文字化けをする心配がありません。 (※上がアウトライン前、下がアウトライン後。違いが分かるようにアートワークで表示)。


 そしてここからが本題です。全てのフォントをアウトラインにした後は、必ずドキュメント内にフォント情報が残っていないかのチェックをおこないます。 「書式>フォント検索」を実行、アウトライン化のし忘れがあれば、下図のようにドキュメント内で使用されているフォントリストが表示されます。たまにロックをかけたまま忘れていることがありますので、ドキュメント内のロックを解除するのをお忘れなく。ここのリストに何も表示されなくなればOKです。


 何度アウトラインを実行してもリストからフォントが消えない場合は、上記した文字をロックしていないか、またはレイヤーでロックをしていないか、ドキュメント内にフォント情報を持った「孤立点」が残っていないかをチェックしましょう。孤立点の探し方は(「選択>オブジェクト>余分なポイント」で孤立点を抽出して削除)を実行します。大抵はこの2つが原因の場合がほとんどなので、必ず最後にフォント検索の機能を使って、文字情報がないかのチェックをするようにしましょう。

修正ができるように、アウトライン前のファイルは必ずとっておきましょう。

 文字をアウトライン化することで、出力先のパソコンにフォントがなくても印刷できるのがメリットですが、一度アウトライン化すると文字が文字ではなくなるので、文言の打ち変えができなくなるというデメリットがあります。文字をアウトライン化する際は、修正を繰り返したのち、これが最終データという状態になってからおこなうようにしましょう。

 さらに、それでも修正が入った時のために、必ず別でアウトライン化する前の状態のデータを残しておくことも大切です。この際、アウトライン前と後のデータは必ず同じものにしておきます。修正が入った時はアウトライン前のデータで編集、出力する時はこのイラストレーターファイルを複製して、そちらでアウトライン化、また追加で修正があった際は、アウトライン化したファイルを削除して、アウトライン前のデータで編集、ファイルの複製、アウトライン化、文字情報のチェックという流れをOKがでるまで繰り返します。チラシやポスターなどの商業印刷物は、とにかく最後の最後まで修正がよく入るので、うっかりアウトライン前のデータが残っていないということにならないよう注意して作業をおこないましょう。

まとめ
文字バケのトラブルは、商業印刷物を制作する際もっとも注意をしないといけない項目です。印刷会社やネットサービスでも、データ入稿に関するお願いの中で、一番最初に注意するようにと記載してある項目ですので、互いに同じフォントを所有している場合を除いては、必ずドキュメント内に文字情報がない状態にしてからデータ入稿をしましょう。
1 2 3 4
関連コンテンツ

失敗しない印刷データ
作成講座
(イラストレーター編)

写真画像の適正解像度 トンボの設定 スミ色のノセと抜き 文字化け対策