エラーを出さない商業印刷物のデータ制作時のルール(スミのノセと抜き)について解説!!

エラーをおこさないための印刷データ制作講座

印刷会社やネットサービスなどを利用して印刷する場合は、いくつかデータ制作時のルールがあります。ルールに沿わないデータを入稿すると、印刷エラーを引き起こす原因になりますので、正しい知識をマスターすることが大切です。ここではもっとも使用されている「アドビイラストレーター」を使って制作する際のルール、スミ色を使う際のノセと抜きについて解説! ツールの使い方からデータの確認方法についてお話します。

スミ色をノセ、抜きにする際のメリット、デメリットは?

 グラフィックデザインの業界で言うスミ色とは純粋な黒色のことを言います。イラストレーターではカラーパレットでK100%に設定した黒のことです。ノセと抜きというのは、例えば色付きの背景の上に黒の文字を乗せた場合、これをデータ上でも背景の上に重ねることを「ノセ」と言い、重なった部分を文字の形でくりぬくことを「抜き」と言います。

上の図を見てください。上がスミ色を抜きに設定した場合、下がノセにした場合です。上のほうは版ズレによって文字の下に白い部分(白場)が出てきています。

 どちらも長所と短所があり、ノセの長所は、印刷する際に多少の版ズレが生じた場合でも白い部分が出ないところ。短所は、下の色と上にある黒文字の色が混ざりあって、場合によっては文字の色がきたない黒になってしまうというところです。例えば文字の下にある色付きの背景で、色の変化が激しい場合は、上に重なった黒文字の色がまだらな黒となります。ちょっと大げさですが分かりやすく言うと、ノセというのは文字の下にあるものが透けて印刷されると考えると分かりやすいかと思います。ただ、この版ズレは印刷する側の責任なので、ちゃんとズレないようにしてくれることがほとんどです。ただし、以下にあげる黒文字に白のふちをつける際は、制作する側で責任をもって、きちんとデータ上で抜きに設定しておかなければいけません。

 イラストレーターでの線は中心から内外に広がっていくため、文字の内側に線が透けて出てきてしまい、これによってインクがにじんだように見えてしまうことがあります(下図参照)。また、背景がチェック柄の場合なども、上にある黒文字までがうすいチェック柄になったりと、デザインに合わせてノセと抜きを意識しておかないといけません。


 これらノセによって汚くなった黒を解決する方法が「抜き」という手法で、黒色の下を抜きに設定することで、重なりあった部分を文字の形で白くくりぬき、結果文字の下に何があっても、上の黒の文字と混ざりあうことがなく、色彩が影響されることはありません。

では、ノセと抜きはどのように設定するのでしょう?

 まず、ノセは印刷会社ではデフォルトでこの状態で出力するように設定されているところがほとんどなので、色をK100%にすると強制的にノセの状態となります。抜きにしたい場合はカラーパレットでK99%にするか、もしくはK100%+C1%など、見た目は黒なんだけど、意図的にデータ上で純粋な黒にしなければ抜きの状態で印刷されます。印刷会社的にはノセのほうが少々のズレくらいなら気にしなくていいので楽なのですが、デザイン的にはK100%にすると黒の文字が汚くなって読みづらくなるなどありますので、抜きにする場合はデータを入稿する際に「黒色を抜きにしているので版ずれに気をつけてください」と印刷会社へ伝えてあげると良いでしょう。

まとめ

スミ色のノセと抜きは、通常はあまり意識する必要はありませんが、デザインによっては注意するという認識で良いかと思います。K100%とK99%をケースバイケースで使い分けるのも面倒ですし、抜きにするべきところをK100%にしてしまったということもあるので、最初からイラストレーターファイル内のカラーパレットにK100%がないようにして、自分で作ったK99%、もしくはK100%+C1%の黒を日ごろから使うようにしておけばトラブルはないでしょう。

>>次は文字化け対策とその確認方法についての記事です。
1 2 3 4
関連コンテンツ

失敗しない印刷データ
作成講座
(イラストレーター編)

写真画像の適正解像度 トンボの設定 スミ色のノセと抜き 文字化け対策