エラーを出さない商業印刷物のデータ制作時のルール(トンボ)について解説!!

エラーをおこさないための印刷データ制作講座

印刷会社やネットサービスなどを利用して印刷する場合は、いくつかデータ制作時のルールがあります。ルールに沿わないデータを入稿すると、印刷エラーを引き起こす原因になりますので、正しい知識をマスターすることが大切です。ここではもっとも使用されている「アドビイラストレーター」を使って制作する際のルール、トンボの設定をピックアップ! ツールの使い方からデータの確認方法について解説します。

トンボの配置と色の設定

 トンボと言われてもピンと来ない方もいると思うので、最初にトンボとは何かについてお話したいと思います。

 トンボとは印刷された用紙を断裁カットする際の目印として、必ず作成したデータ内に入れておかないといけないものです。たとえばA4サイズでチラシを作成した場合、実際の印刷はそこからトンボも含めて出力しないといけないので、A4サイズよりも少し大きめの用紙に印刷します。その後、専用の機械でいらないところを断裁するのですが、その際にどのラインで用紙を切るかの目印としてトンボが使われます。これを入れておかないと、必ず印刷会社さんからデータの入れ直しを要求され、そうなるとデータの再入稿、さらにはそのせいで印刷の仕上がり日時が遅れたりと、最終的にはチラシを依頼されたクライアントへの納品までが遅れるといった、大きなトラブルにもなりかねません。お仕事でグラフィックデザインをする際は、見た目のデザインだけではなく、必ず印刷工程までを考えた正しいデータを作成する知識と技術が必要です。

 では、ここからはA4サイズで印刷すると仮定して、実際にイラストレーターでのトンボの入れ方とその設定について解説します。

 サイズがA4ですので横幅210mm、縦幅297mm(横向きの場合は逆)の長方形を図形ツールで作成します。この時に図形の線と塗りはなしで良いです。作成した図形を選択した状態で、効果>トリムマークを選択、実行します。下の図のように四方に2重の直角の線が作成されます。これがトンボです。

 トンボの作成はこれだけなので簡単なのですが、どこのラインで切れるかはしっかりと理解しておく必要があります。下の図にあるように、出来上がったトンボは2本の線で構成されています。内側が実際に断裁するライン、外側が断裁後に白の余白を出したくない場合に、塗り足しとして使用する部分です。

 例えば、バックが白ではなく色が入ったデザインの場合、仕上がりのサイズからさらに上下左右に3mmのばしておく必要があります。もちろんのばした部分は断裁時に切り捨てるのですが、こうすることで断裁時のズレによる白(印刷されない部分)が出てくることを防ぎます。では、なぜ断裁時にズレることまで想定しないといけないのでしょう? それは断裁の工程に理由があります。

 通常、雑誌だろうがチラシだろうが、商業印刷のように大量に印刷する場合は、一枚ずつ切るのではなく、数枚重ねて切るのが普通です。重ねて切るので断裁時には当然圧力がかかり、いくらトンボで切るラインを機械であわせても、必ず微妙にズレるものが出てきます。そういった微妙なズレにも対応できるよう、塗り足しという部分が必要なのです(切り捨てる部分)。

 また、このズレは外側だけではなく、内側にもズレることを考慮しておく必要があります。通常商業印刷物の場合、このズレは最大でも3mmまでなので、データを制作する際は、実際に切れるラインから内側3mmに切れてはいけないもの(文字)などは配置しないように注意します。


特殊な印刷の際のトンボの設定

 次にモノクロや特色、1色や2色刷りなど、通常の4色カラー印刷以外の特殊なケースのトンボの設定も合わせて解説します。 通常のカラー印刷はCMYKの4色刷りですが、印刷コストを抑えるために1色、2色刷りといったケースも多々あります。新聞の折込チラシなどはこのパターンがよくあります。トンボの配置の仕方や断裁位置、塗り足しはこれまで解説してきた内容と同じなのですが、トンボの線の色に別途注意が必要となってきます。

 トンボを配置する際は 効果>トリムマークを選択、実行しますが、この時すでに自動で線の色はレジストレーションに設定されています。レジストレーションとはCMYK全てが100%で構成された黒色のことをいいます。イラストレーターで黒色を再現する方法は多数ありますが、トンボの黒色は必ずこのレジストレーションの黒でなければいけません(図下)。

ただし、これはあくまで通常のカラー印刷(4色刷り)での話ですので、例えば黒(K)の1色刷りであればCMYを0%、Kを100%にしてやれば良いということになります。2色刷りでも3色刷りでも考え方は同じです。使う色の版を100%、使わない色の版を0%にした線にすれば良いのです。

 線の色を変更する際、当然トンボを選択しないといけないのですが、効果>トリムマークで作成したトンボは、そのままでは選択ができないので、個別に色の設定ができません。この場合は、トンボを作る際に使った長方形を選択して、オブジェクト>アピアランスを分解を実行すると、トンボが個別で選択できるようになり、色の設定が自由にできるようになります。

まとめ

トンボについてはあまり難しく考えずに「線の色に注意する」、「断裁のラインを理解して、そこから外内のどちらかに最大で3mmずれて断裁されることがある」と覚えておきましょう。見た目はただの黒でも、カラーパレットで必ずCMYKのどれを使って再現した黒なのかを調べるようにしておけば、4色刷りだろうが1色刷りだろうが、間違いがない正しいデータを入稿することができます。

>>次はスミ(黒色)を使った際のノセと抜きについての記事です。
1 2 3 4
関連コンテンツ

失敗しない印刷データ
作成講座
(イラストレーター編)

写真画像の適正解像度 トンボの設定 スミ色のノセと抜き 文字化け対策