エラーを出さない商業印刷物のデータ制作時のルール(写真画像の適正解像度)について解説!!

エラーをおこさないための印刷データ制作講座

印刷会社やネットサービスなどを利用して印刷する場合は、いくつかデータ制作時のルールがあります。ルールに沿わないデータを入稿すると、印刷エラーを引き起こす原因になりますので、正しい知識をマスターすることが大切です。ここではもっとも使用されている「アドビイラストレーター」を使って制作する際のルール、写真画像の適正解像度について解説! その時々に合わせた正しい画像サイズの割り出し方法についてお話します。

印刷物で扱う写真画像の適正解像度とは?

 印刷物で使う写真画像の解像度は、よく350dpiと言いますが、それは正しくもあり、ちょっと違ってもいます。「写真データは一律350dpi」と丸暗記するのもひとつの方法ですが、もうちょっと掘り下げて、なぜ写真解像度は350dpiなのかを知ることで、その時々で使用する写真の適切な解像度を、簡単な計算で割り出すことができるようになります。

 適切な写真解像度を割り出すためには、商業印刷物を扱う際に切っても切れない言葉、「出力線数」というものを知る必要があります。写真画像に必要とされる解像度は、この出力線数×2の数値が必要ですので、一般的に言われる「写真画像に必要な解像度は350dpi」をさらに詳しく言うと、「175線で印刷するなら必要な写真解像度は350dpi」ということになります。

 出力線数には100線、150線、175線、200線など様々あって、この数値が上がるほど印刷の綺麗度が増していきます。ただし、これは印刷する紙の質にも左右されるので、例えば新聞などはわら半紙を使って刷ることが多く、元々写真集のように綺麗に印刷することが目的ではないので、一般的には100線くらいで印刷されています。ですから再現できる綺麗度には当然限界があり、データ上でやたらと写真の解像度を上げても無意味です。新聞の紙質とグラビア写真集の紙質とを比べると、どちらが綺麗に印刷できるか想像できるかと思います。

写真画像の適正解像度を計算で割り出す

 では、新聞は出力線数を100線で印刷すると考えて、そこに掲載する写真の必要解像度はいくつになるでしょう? 小学生の算数レベルの問題なので簡単ですね。答えは「出力線数×2」ですから200dpiとなります。たとえデータ上で写真にこれ以上の解像度があったとしても、そもそも200dpi以上の品質は再現が不可能なので、ただデータが重いだけで意味がありません。例をあげると新聞では100線、雑誌やチラシなどは150線から175線、写真集などは200線で印刷されることが多いようです。そう考えると、写真集で使用する画像の必要解像度は、350ではなく400dpiとなります。

 デジタル写真データの解像度は一律350dpiと憶えておくのもたしかに間違いではありませんが、その時々で計算して必要解像度を割り出すようにしておけば、無駄にデータが重くなることもありませんので、そういう作りのものはPCの動きがやたらと遅くなることもなく、制作側にも印刷会社側にも親切なデータと言えます。この写真解像度が高い、低いで直接印刷エラーになることはありませんが、無駄に重くないということは、結果作業スピードも上がることにもなりますので、まめ知識として知っておくほうが良いでしょう。

 最後に写真データの解像度のリサイズには、ふたつ注意しておくべきことがあります。ひとつは例えば、これは新聞で使うから200dpiにしようといって、いきなりリサイズをしないこと。200dpiにするということは、100線で印刷するものでしか使えないということになるので、違う媒体(例えばチラシなど)で同じ写真を使いまわす際に、解像度が足りないということになって使えなくなります。メディア間での写真の使いまわしは、とくにお仕事ではよくあることなので、写真データをリサイズする際は、必ず高解像度のマスターデータを別にとっておいて、複製したものに対してリサイズをおこない使用するようにしましょう。

ふたつめは、この適正写真解像度は、例えばイラストレーターなどのレイアウトソフトに100%の比率で貼り付けた際の話ですので、PhotoShopなどで単純に350dpiにさえすれば良いということではありません。350dpiの写真をイラストレーター上で200%に拡大すると、その写真は350÷2で175dpiとなってしまいますし、逆に50%に縮小すると350×2で700dpiになってしまいます。写真画像の適正解像度を割り出してリサイズをするのは、レイアウトソフト上での写真の大きさに合わせて行わないと、後になって解像度が足りないということにもなりかねます。写真のリサイズ作業はデザインが決まってからおこなうようにしましょう。

まとめ

写真画像の適正解像度は、その媒体が何線で出力されるのかを知ることで簡単に割り出せます。とくにお仕事となると、レイアウトはデザイナー、情報の埋め込み、校正作業はDTPオペレーター、印刷は印刷会社というように、ひとつのデータを複数の人が扱うことが多いので、誰もができるだけサクサク動かせるデータ作りを心がけることは、非常に大切なスキルと言えます。データが重くなる一番の原因は写真ですので、無駄に重たくならないように、適正な写真解像度は「出力線数×2」で割り出せると憶えておきましょう。

>>次は断裁時に必要なトンボの設定についての記事です。
1 2 3 4
関連コンテンツ

失敗しない印刷データ
作成講座
(イラストレーター編)

写真画像の適正解像度 トンボの設定 スミ色のノセと抜き 文字化け対策